事業案内 社会福祉法人 神戸福祉会 母子生活支援施設が行う事業について詳しくご紹介いたします。
基本理念
  1. 安全と安心を保持し、利用者のプライバシーを守ります。
  2. 利用者の意向を尊重し、福祉サービスを提供します。
  3. 個人の尊厳を保持し、心身ともに健やかに育成され地域社会において自立した生活を営めるように支援します。
運営方針
「助け合って皆が家族です。」をモットーに入所する母と子が自立できるようにします。
  1. 母と子の願いを受けとめ安心安全な環境の中で安定した生活が送れるようにします。
  2. 母と子の権利と尊厳を尊重します。
  3. 自立への歩みを支えるため職員の資質の向上に励み公正で公平な施設運営を心掛け、地域福祉の拠点となることを目指します。
事業案内 配偶者のいない母子又は、これに準じる事情のある母子を保護するとともに、自立の為に支援する。
施設 配偶者のない女子又はこれに準ずる女児と、その児童を受け入れ、明るい生活づくりをめざす。(児童福祉法38条より)
あわせて地域の福祉活動に協力します。
事業内容 義務教育中の児童は、地区の学校へ、就学前の用事は、地区の保育所へ、5歳未満の幼児と途中入所の幼児は、寮内で保育し、母親が安心して働け、自立するよう協力します。
地域の子育てのお手伝い、児童のデイサービスも行います。